2019/09/22
文書館刊行物藤沢山日鑑

藤沢山日鑑 第28巻 (明治3年~明治7年)

藤沢山清浄光寺(遊行寺)で江戸時代から今日まで書き継がれた公用日記(業務記録)を、翻刻(活字化)したものです。

内容は、寺内での日常の勤行や年中行事のほか、来客、献上品、末寺や幕府、檀家からの通信文への対応、また周辺地域の出来事、藤沢宿を通行する大名の名前などです。

本書は時宗研究の重要な資料であるとともに、宿場町藤沢の様子を江戸中期以降約200年間にわたってうかがい知ることのできる資料でもあります。

本書は、明治3(1870)年から明治7(1874)年をまとめました。

本編の最終巻です。

 

藤沢山日鑑 第28巻 (明治3年~明治7年) 表紙

編者 藤沢市文書館

 

目次

日   鑑(明治三年正月)

日   鑑(明治四年正月)

日   鑑(明治四年四月)

仮 日 鑑(明治五年四月)

仮 日 鑑(明治五年七月)

日   鑑(明治五年十月)

日   鑑(明治六年正月)

日   鑑(明治七年正月)

(補遺)日 鑑(慶応二年一二月)

解説:「名号と賦算」

 

発行 2010年3月

 

価格 4,000円

 

『藤沢山日鑑』の既刊一覧こちら

 

 

本書の入手・閲覧方法

購入の場合は、こちら

 

閲覧は、当館の市民資料室や市内図書館で閲覧が可能です。市外の文書館や公文書館、一部の博物館などに送付している場合もあります。