2020/05/12
文書館刊行物市史ブックレット

藤沢市史ブックレット11 幕末・明治、外国人の見た藤沢

『藤沢市史ブックレット』は、藤沢市の歴史をわかりやすく伝えるための手軽な読み物です。

 

開港によって多くの外国人たちが来日し、日本に対する関心が高まりました。本書では、来日した彼らが何に興味を持ち、幕末・明治の日本をどのように世界に伝えたのか、江の島の果たした役割について、彼らが残した滞在記や旅行記、ガイドブックなどから解説しています。

 

 

著者 小風秀雅

 

目次

Ⅰペリーとハリス 二つの条約

 一.太平洋横断航路とペリー

 二.通商条約とハリス

Ⅱ.横浜開港と遊歩区域

 一.開港初期の横浜

 二.十里以内遊歩区域

Ⅲ.80日間世界一周の時代

 一.交通革命の到来

 二.グローブ・トロッターの時代

Ⅳ.江の島の魅力

 一.江の島への道のり

 二.江の島の魅力

Ⅴ.近代化のなかの江の島

 一.ジャポニスムとラフカディオ・ハーン

 二.近代化と変容

引用・参考文献

写真・図一覧

 

発行 2020年3月

 

価格 800円

 

『藤沢市史ブックレット』の既刊一覧はこちら

 

 

本書の入手・閲覧方法

購入の場合は、こちら

 

閲覧は、当館の市民資料室や市内図書館で閲覧が可能です。市外の文書館や公文書館、一部の博物館などに送付している場合もあります。